☆ブランド時計☆

小遣いを稼ぐ
メール受信で稼ぐ(国内)
メール受信で稼ぐ(海外)
アンケートで稼ぐ
リンクスタッフで稼ぐ
オークションで稼ぐ
アクセスアップツール
車・バイク
無料♪新車見積もり
無料♪中古車探し
無料♪愛車見積もり
無料♪不動車見積もり
無料♪バイク見積もり
無料♪車検見積もり
激安カー用品
保険
無料♪損保見積もり
アメリカンホーム・ダイレクト
アクサダイレクト
ソニー損保
無料♪生保見積もり
無料♪生命保険相談
食品・飲料・産直品
海の幸
野菜・果物
スウィーツ
うまい水
本格ドリップコーヒー
地酒・ワイン
チーズ・餃子
クレジット・金融
クレジットカード
ネットバンクVS都市銀行
ビジネスローン
不動産担保ローン
住宅ローン相談
キャッシング
キャッシングの基礎知識
消費者金融系キャッシング
銀行系キャッシング
信販系キャッシング
レディースキャッシング
学生キャッシング
ダイエット
ダイエット食品
ダイエットグッズ
エクササイズ
健康
健康食品
サプリメント
海外サプリメント
禁煙
ブランド・ファッション
ブランド物
ブランド時計
ブランド香水
アクセサリー
旅行・ホテル予約
旅行・ホテル予約情報
通信
プロバイダー比較
デジタル衛星放送
セキュリティ
書籍・CD・DVD
本の購入
本の売却
CD・DVD
美容・結婚
スキンケア
エステ
美容整形
結婚情報
生活用品
良品家具
無料♪ピアノの一括査定
語学・教養
英語力を身につける!
子供向け英語学習
転職・就職・バイト
バイト情報
派遣会社
転職支援
独立・起業
資格・免許取得
資格・免許の種類
運転免許証
PC系資格
美容部員
広告掲載
ホームページで稼ぐ
広告出稿
不動産
マンション情報
賃貸物件情報
不動産投資
株式・為替
証券用語の基礎
証券会社比較
外為会社比較
投資顧問会社比較
セミナー・ノウハウ
ビジネスセミナー
株取引ノウハウ
外為ノウハウ
節税ノウハウ

ブルーク

 ブランド時計専門店ブルークのご紹介です。ブルークはオメガ、ブルガリ、カルティエ等のブランド時計から、財布、バッグ、アクセサリーなど高級ブランド品全般を扱う腕時計のオンラインショップです。

ロレックス

 ドイツ生まれのウィルスドルフがロンドンに設立したウィルスドルフ&デイビス社が起源となる。1907年、スイスに事務所を開設、翌年ロレックスブランドが誕生。'10年に腕時計初のクロノメーター公認を取得。'26年にはオイスターケースを開発し、時計の完全防水を実現。パーペチュアル、デイトジャストなどの機構も完成させ、不動の地位を獲得。現在も「デイト・ジャスト」を筆頭に幅広い商品ラインナップで絶大なる人気を誇っている。

オメガ

 オメガは1848年、創業者ルイ・ブランがスイスの ラ・ショード・フォンに時計工房を構えたのが始まり。 大規模な生産設備を擁し、市場をヨーロッ パ全土へと拡大。1894年には新型部品を搭載した時計を発表するなど、オメガは目覚しい 発展を遂げ、1900年代初頭に、究極の 時計という自負から、ギリシア語の最終文字「Ω=オメガ」へと変更。オメガはその後、アポロ計画での公式時計採用をはじめとして、深海探査でも耐水圧記録の樹立、オリンピックやアメリカズカップの公式時 計の採用など、様々な分野で貢献を続ける。

エルメス

 多くの女性を魅了する高級ブランドエルメスは1837年に誕生しました。サドルやハーネスといった馬具製造から始まりハンドバッグなどの皮革製品だけでなく現在ではアクセサリーやスカーフといった幅広いアイテムを手がけています。

 エルメス時計の始まりは1920年からで当時はジャガー・ルクルトやユニバーサルといったスイスの時計メーカーとのコラボレーションにより独自のデザインを発表していました。発想の原点には革メーカーとして革を腕時計のベルトにどう生かすかというテーマがありました。そして自社で時計を完成させる為、1978年にスイスのビエンヌに新会社ラ・モントル・エルメスを設立し、本格的なスタートをきりました。いまも変わらないエルメスの時計作りは「美しい作品には機能が伴っていなければならない」というコンセプトがあります。

カルティエ

 1847年、ルイ・フランソワ・カルティエがパリのモントルゲイユ街31番地のアドルフ・ピカールのアトリエを譲り受けたときから、150年以上にわたるカルティエの歴史は幕を開ける。1899年、エレガンスと贅沢の中心であったラ・ベ通り13番地に店舗を移転したカルティエは、国際的なジュエラーとしての基盤を築いていく。ブラジルの飛行家「サントス・デュモン」との友情から生まれた「サントス」。カルティエのスクエアウォッチとの代名詞ともなった伝説の時計「タンク」。モロッコの太守(パシャ)の注文を受けて完成した防水時計にちなみ名付けられた「パシャ」。カルティエは伝統と革新の融合をテーマに斬新なイマジネーションと熟練の技術により確固たるスタイルを築きあげてきた。

ブルガリ

 ブルガリ時計の歴史は1940年から始まった。1977年、現在でも世界中で人気を誇るブルガリ・ブルガリを発表。ベゼルにブルガリのロゴが刻印された上品で革新的なデザインは世界中を魅了し、時計ブランドとしての地位を確立する傑作となる。1980年にはスイスに腕時計製造専門のブルガリ・タイム社を設立。時計製造の高い技術力にディアゴノ、アルミニウム、レッタンゴロなど、エレガント且つスポーティーな雰囲気を醸し出す意欲作を投入して世界を席巻した。次の新作を世界中が注目するブランド。

グッチ

 グッチ時計の力強くユニークなデザインは、クオリティー、スタイル、そしてブランドに進化を求める世界中の人々に評価されています。それは、真の意味でのパーソナルラグジュアリーを提供する世界的なトップブランドだからです。グッチの腕時計はカラー、サイズなどのバリエーションも豊富で男性、女性にかかわらず非常に人気です。新作から人気の定番モデルまで幅広く取り揃えております。

シャネル

 1910年、ガブリエル・ボヌール・シャネルがパリに帽子店「シャネル・モード」を開いたのが始まり。それから洋服や香水などの分野にも進出しシャネルらしい個性的なアイテムを発表してきました。レディースが中心だった時計分野も2000年にリリースした「J12」で一変。機械式時計にも本腰を入れ始めています。

ルイ・ヴィトン

 2002年9月、ルイ・ヴィトン初のウォッチコレクション「タンブール」の登場は時計界に一大旋風を巻き起こしました。人々を熱望へとかき立てる「太鼓」を意味するこのユニークな時計の人気は響き渡る太鼓の音のように瞬く間に世界中に広まりました。旅行鞄専門店としてスタートしたルイ・ヴィトンらしいこだわりが随所に感じられます。

フランクミュラー

 ジュネーブの有名な時計学校在学中からその名を知られ、天才の名を欲しいままにした稀代の時計師フランク・ミュラー。生産が追いつかないほどの人気を誇るフランク・ミュラーは今や、若い女性たちはもちろん、世界の有名女優やトップモデルから本物志向の時計愛好家まで、幅広く愛されるこだわりのブランドです。

IWC

 1868年にアメリカ人技師のフローレンタイン・A・ジョーンズが時計職人のヨハン・H・モーザーと協力して、スイス北西部のシャフハウゼンで創業。創業時からスイスの伝統的技術とアメリカの機械自動化の製造技術を一体化し、効率的で完成度の高い時計作りを目指したブランド。機械式デジタル懐中時計などで高い評価を受け、王侯貴族や冒険家に愛用され世界的ブランドに成長した。1930年代に航空時計の製作に着手し、1935年に完成させた「マークシリーズ」は世界第二次大戦後もパイロットクロノグラフのトップブランドとなりました。

オフィチーネ パネライ

 パネライは1860年、イタリア・フィレンツェに創設された老舗時計ブランド。ただし、一般向けに腕時計を販売し始めたのはわずか数年前の1997年。創業者のパネライは、高級時計店を経営すると同時に精密機械メーカーとしての顔ももち、その業務の一環としてイタリア海軍向けに高精度クロノグラフ付き懐中時計や蛍光防水機器を開発していました。

 イタリア海軍と密接な関係を築き上げ、その製品は高度な軍事機密に属するとして、門外不出のものとなっていました。第二次世界大戦後もイタリア海軍との密接な関係は続き、民間にその腕時計が販売されることはありませんでした。そして1993年以降イタリア海軍の軍費削減の影響を受け、苦境に陥ったパネライは2種類の腕時計を限定発売し、その完成度の高さはイタリアの時計マニアの中で大好評を博し、4年後の本格市場参入へとつながりました。

ロンジン

 スイスのサンティミエにロンジンの全身である時計組み立て会社が設立されたのは1832年。その後、30年ほど時を経て、当時としては画期的な生産システムと共にロンジンは本格始動を始めました。職人たちが自宅の工房で別々に作業するスタイルが一般的だったこの時代にロンジンは職人を集めて部品製造から組み立てまでを一貫して生産する工場を設立し安定生産と高品質という当時は矛盾するテーマを現実のものとし、ロンジンはその名を一気に広めていきました。

 ロンジン時計にはリンドバーグの大西洋無着陸横断飛行をはじめ冒険家をサポートしてきた歴史があり堅牢な時計作りに長けたイメージが強い。1896年の第一回五輪の公式時計、1933年には最初のF1レースであるブラジルGPの公式時計を担当していることからもその技術力の高さを窺い知れる。さらにドルチェビータを代表されるエレガントなラインがこれからのロンジンを象徴する存在へと成長している。

ブライトリング

 創業者のレオン・ブライトリングが産業用クロノグラフなどの精密計器専門の工房を興したのは1884年。この時、早くも懐中時計型クロノグラフを完成。1915年には息子のガストンがクロノグラフ付き腕時計を発表。航空パイロットへの供給を始め、航空業界との密接な関係が生まれる。米軍海軍との共同開発等、活躍の舞台を空だけでなく海にも広げることに成功。現在は全製品クロノメーター化を果たした数少ない時計メーカーとして、その高い技術力は世界中に認知されています。

チュードル

 ロレックスのディフュージョンラインとして知られるチュードル。1930年代、ロレックス創業者ハンス・ウィルスドルフは、本社があるイギリスの売れ行き不振から高級時計のテイストのあるウォッチを低価格で提供すべく投入。シェア拡大を目指した。ブランド名はイングランドの王家、「チューダー家」にちなみ、イングランドの紋章バラをアレンジしたマークをあしらっている。ETA社のムーブメントを大半のモデルに使用し、オイスターケース等々、ロレックスと共通のパーツも多い。

ティファニー

 1837年、チャールズ・ルイス・ティファニーはニューヨークにティファニーブティックをオープンしました。彼の洗練されたデザインと完璧なクラフトマンシップは瞬く間に全世界の注目を集めるようになりました。ティファニーのシンプルでエレガントな銀製品は1800年代、万国博覧会で数々の賞を勝ち取り、ヨーロッパの銀器メーカーに衝撃を与えました。世界中の上流階級の人々がティファニーのジュエリーや宝飾品に魅せられていくのに時間はかかりませんでした。

 本物を求める世界中の方々に愛用され大切な人への贈り物としてリターンギフトやウエディングアニバーサリー、誕生日、卒業、就職などのお祝いの品に選ばれてきたのがティファニーです。ティファニーのデザインはいつの時代もまさしくクラシック・デザインの基準そのものであり、決して色あせることはありません。

フレデリック・コンスタント

 ”Live Your passion”(情熱をもって)という理念のもと、優れた腕時計を製造するスイス高級腕時計メーカー・フレデリックコンスタント。時計製造業界の中心地であり最高峰として君臨するジュネーブを本拠に置き、技術学校で教育を受け優秀な技術と経験がある時計職人を抱え、デザインから最終組み立てまでを一貫して自社で行っています。

 複雑時計をはじめとする高品質な機械式時計を数多く手供し、フレデリックコンスタントほどの精密かつ複雑なムーブメントを、正確に製造できるメーカーはスイス国内でもそうはありません。 1988年に設立された比較的新しいメーカーですが、もとはコンスタント・サタースとフレデリック・シュタイナーが1904年に出会ったことが起源になります。文字盤職人であった彼らの意思を受け継ぎ、今もフレデリックコンスタントの作り出す腕時計は、ダイヤルのカッティング技術、文字盤のエナメル仕上げなど、その美しさは比類なきものとなっています。

ダンヒル

 1906年、車の計器盤に備える「ダッシュボード クロック」の製作を契機にダンヒルの時計ビジネスは始まります。その後、一世紀にわたって発表された数々のコレクションから製品特徴の巧みな表現や、美しさ、画期的な創意工夫、信頼性というダンヒルの基準を確立してきました。歴史に裏打ちされた高品質な時計は、今日あるダンヒルの個性豊かな高級時計の先駆けであり、現在もなお世界中のダンヒルファンに愛され続けています。

コーチ

 1941年、ニューヨーク・マンハッタンの小さなロフトからスタートしたコーチは、上質な革へのこだわりと職人達の卓越した技術によって世界的なレザーブランドへ大きく成長しました。1998年に初の時計コレクションを発表し、NY生まれの機能的でシンプルなデザインとスイスの時計技術が融合し、高品質で個性的な腕時計は世界中の時計ファンを魅了しました。

クリスチャン・ディオール

 1905年、フフランスのノルマンディーに生を受けたクリスチャン・ディオールは元々外交官を志して、政治学院に学んでいましたが、様々な出会いで幾つかの人に魅せられ、画廊開設、デッサンの勉強、そしてそのセンスを見込まれモード界へと進出、ルシアン・ルメロのメゾンの地へ移り、マルセル・ブサックと出会い、46年12月遂にクリスチャン・ディオールの歴史への第一歩がはじまったのです。その後、ディオールは様々なアイディアや、幅広い活躍によりファッションを芸術だけではなくビジネスとしても成功させました。現にディオールは「伝統を新しさの中に生かす事」と自らの仕事を語っていたと言います。

フォリフォリ

 ギリシャ発のジュエリーを核としたトータルブランドフォリフォリ。クローバー型やハート型のリング・ネックレスは若い女性に大人気でご存知の方も多いはず。そのジュエリーイメージが反映されたフォリフォリの時計は、ベゼルにジルコニアがちりばめられていたり、パステルカラーの革ベルトが使われていたりと、これからの季節にピッタリです。プレゼントとしても大変人気があります。

オリス

 ポール・カッティンとジョルジュ・クリスチャンがスイスのオリス川のほとりに、時計専門工場を設立。1904年当時、腕時計を専門とする工場は珍しい存在だった。オリスの名を世界的に高めたのは1939年に発表した「ポインターデイト」と1941年発表の「ビッグクラウン」。特に後者はリューズが大きい為手袋をはめたままでも操作しやすいという理由でアメリカ陸軍航空部隊に採用されて爆発的人気となった。

ジラール・ペルゴ

 ジラール・ペルゴはスイスの北部ラ・ショードフォンに本社があり、1791年に創業してから今日に至るまで、この200年余りの間迂余曲折経ながらも、一度も時計づくりを断念せずに存続し続けた結果、マニュファクチュール(自社一貫性産)とゆう伝統を貫く最古の時計メーカーのひとつに数えられるまでになりました。19世紀末の万国博覧会においてその卓越した技で金賞を受賞し、1993年フェラーリとのブランド・ライセンス契約。伝統のフェラーリの跳馬マークを文字盤に配した限定版のスプリット・セコンド・クロノグラフを完成。研ぎ澄まされたデザインは工業製品とはかけ離れた芸術的要素を感じさせ品質や精度を超えた「何か」を感じさせます。

ゼニス

 1865年、ジョルジュ・ファーブル・ジャコの熱意により、高級時計の中で最も神話的なマニュファクチュールの一つが誕生しました。 彼が最も完璧だと納得するムーブメントを完成させました。彼はできたばかりのムーブメント、そして彼のマニュファクチュールに宇宙の頂点を意味する「ゼニス」と名づけることにしました。そして輝くお守りであり幸運へと導く空の道しるべである星をそのシンボルとしました。

 その輝きに守られて2000の黄金の腕を有するマニュファクチュールは1565もの賞を受賞し、ニューヨーク、パリ、モスクワ、東京など世界中に支店を構えるまでになりました。自分が手にしている宝物の価値を充分に知っている素晴らしい人々の愛情に先導されながら、美、真実、一貫性、精密さ、複雑さという創立以来大切にされてきた価値観をもって、発展を続けているのです。いえ、それ以上と言えましょう。 今日、マニュファクチュールは、伝統の繊細さと現代性を結びつけることで、機械の完璧さのために美を奉仕させる、という賭けに常に挑戦し続けています。

フェンディ

 若い女性の間で圧倒的な支持を得ているフェンディは、1925年にローマで誕生したブランド。フェンディの時計コレクションは、フェンディらしさを強調する高いファッション性と強烈な個性が特徴。洗練されたスタイルと確かな品質で時計ファンを魅了しています。

ルミノックス

 1989年にアメリカで創業。ルミノックス時計を世界中に知らしめたのは、数々の逸話を持つ「ネイビーシール」。1992年、米国軍はSEALsの軍備強化に着手した。当時の強化担当であったニック・ノース軍曹が、無名だったルミノックス時計の驚異的な発光システムであるルミナイトシステムに着目して開発を要請。同社は政府調達製品仕様書に基づいく過酷な状況下での1年間のテストと6ヶ月の実践を経て耐衝撃性、防水性、防圧性、視認性などあらゆる要求をクリアーした「ネイビーシールダイブウォッチ」を1994年に完成さました。

 その技術を生かしてステルス戦闘機のパイロットの腕に装着されるパイロットウォッチを開発。現在は各国の軍隊で採用される屈指のミリタリーウォッチとしての地位を築きました。ルミノックス躍進の大きな布石となったのが腕時計の中に搭載されたスイスにあるMBマイクロテック社が開発した自己発光型マイクロガスカプセル内臓の「ルミナイトシステム」です。従来の蛍光時計のように光源やスイッチなどの操作を一切行わずに蛍光時計の約100倍もの明るさで約25年以上発光しつづけるシステムです。針や文字盤に配することで環境、昼夜に関わらず驚異的な視認性を実現しています。

 さらに2重のリューズ構造により200mまでの防水性能を実現、光の反射を抑える2重コーティングを風防に施すなど外装構造に独自のテクノロジーを駆使しミッション遂行者が200mの水中でも操作、計時できる腕時計を完成させました。この基本スペックと実効性の高さこそ陸・海・空の3軍、軍や政府の主要機関がこそってルミノックスを制式採用する理由です。

【国内正規品】セイコー

 1881年「服部時計店」として創業。1892年に時計製造所「精工舎」を設立し、1895年には国産初の懐中時計、1913年には国産初の腕時計ローレルを発売するなど、次々と快挙を成し遂げていく。セイコーは東京五輪の公式時計を担当したのを機に、更なる精度追求の為、電子時計を開発。そして1969年、ついに世界初のクオーツ腕時計を発売し、日差±0.2秒という驚異的な精度を実現。1970年からはもっと高精度を重視されるパイロットウォッチの分野でも成功を収める。特に1996年に商品化された「フライトマスター」には、最新技術を駆使した高精度の発電機構「キネティック」のムーブを搭載し、パイロットウォッチの歴史を更新した。【海外逆輸入】セイコー も取り扱っています。

ジャガールクルト

 1833年、スイスのジュラ山脈、ル・サンティエの町で誕生した時計【ジャガール・クルト】。 初めて時計部品を作り、時計のメカニズムを考案、そして長い歴史の中、今でも変わらない複雑な機械式時計製造に必要なすべての工程を1つにまとめたマニュファクチュールとなりました。当初から、今でも変わらず、絶えず製造・開発の歩みを続けているジャガール・クルト。数百にも及ぶ特許の数々は、時計職人達の素晴らしいアイディア、仕事に対する情熱と誇りから生まれたのではないでしょうか。これからもスイスの大自然の元、職人達の創造への高まる思いが、「優れた時計製造メーカーの代名詞」の名にふさわしい新しいアイディアを生み出し続けることでしょう。

ショパール

 1860年、ルイ・ニリス・ショパールがスイスのジュウ渓谷に創業したショパールは、厳格な精度が自慢の時計製作を旨とした。 そこに優美なデザイン性が加味されたのは1963年、3代目のポール・アンドレ・ショパールの時代。彼はドイツで宝飾を手がけるカール・ショイフレにショパールを移譲し、スイスの時計技術とドイツの宝飾細工が融合された新生ショパールの誕生となった。 

 こうして、時計界に独自の地位を確立したショパールは「ハッピーダイヤモンド」をはじめとする数々の名作を世に送り出す。1996年には、創業者の頭文字を取った自社ムーブメント「L・U・C」の開発に成功。 そのムーブメントは、ジュネーブシール、クロノメータ検定を得るという完成度の高さを誇っている。ちなみに、ショパールの代表モデルである「ミッレミリア」は有名なヴィンテージカー・レースにちなんで作られるもので、1988年からほぼ毎年世界限定で発売。コレクションアイテムとしても注目されている。

ブレゲ

 天才時計技師、アブラアン・ルイ・ブレゲが1775年にパリにオープンさせた店から、ブレゲの歴史が始まった。1780年に自動巻き機構を開発。衝撃吸収装置、ブレゲひげゼンマイ、トゥールビヨン機構、スプリットセコンド・クロノグラフなど次々と画期的な機構を発明し続けた。ブレゲ針やブレゲ数字、さらにはダイヤルのギョーシェ彫りもブレゲ発案によるものである。 天才の技術はマリー・アントワネット妃の注文で作られた超複雑懐中時計「マリー・アントワネット」に集約されている。

 ブレゲは1823年に死去するが、その技術は弟子達の手によって受け継がれる。1870年に経営をブラウン家に移譲。さらに1970年にはフランスの宝石商ショーメへと経営が移るがその間もトノー型ケースや永久カレンダー、トゥールビヨンなど様々な複雑時計が発表され世に送り出された。1999年にはスウォッチ・グループ参加となり安定した経営基盤を手に入れた。

パテック フィリップ

 1851年、ポーランド人の亡命貴族アントワーヌ・ド・パテックは現在の腕時計でも一般的なリューズ蒔き新機構を完成させたフランス人天才時計師アドリアン・フィリップを招き入れ、社名を現在のパテック・フィリップと改め、本格的な時計作りに乗り出しました・・・。それから150年あまりの歴史と伝統をかたくなに守り続けています。完璧な時計を創るという目標を。この理想主義こそが、パテック社の永久に古くならないメカニズム、優れた美しい時計創造への休みない努力を支え、パテック社で生み出される時計を真正のパテック フィリップたらしめているのです。パテック フィリップは、地球上の他のどの時計よりも完璧に近い時計です。
超格安のブランド時計をお探しですか?

TOP

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO